白いかぶせ物(CAD/CAM冠)が保険適用で、できるようになりました

今まで保険でできる奥歯のかぶせ物は銀歯しか認められていませんでしたが、新たにCAD/CAM冠(キャドカムカン)と呼ばれる白いかぶせ物が保険適用になりました。
このかぶせ物はプラスチックとセラミックを合わせたハイブリッドレジンと呼ばれる白い素材で作ります。
保険適用外のオールセラミック冠に比べると、強度や色調の正確性は劣りますが費用を抑えることができ、周囲の歯の色に調和した物を入れることができます。
さらに金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配もなく、体に優しい素材です。
CAD/CAM冠は保険診療の制度上、すべての歯に適用できるわけではないので注意が必要です。
しかし条件を満たしているのであれば、銀歯をCAD/CAM冠に交換することをおすすめします。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠とオールセラミック冠の比較

CAD/CAM冠オールセラミック冠
審美性
連結の可否×
衛生面
精度
耐久性
装着時費用の目安6,000円~8,000円40,000円~100,000円

CAD/CAM冠の保険適用部位について

主に上下の4・5番目の歯の全体的なかぶせ物が対象です。
適用するために必要な条件があります。

前歯(上下1番・2番・3番の歯)もCAD/CAM冠の保険適用

2020年9月の保険改定により中切歯、即切歯、犬歯(真ん中から数えて1~3番目の上下の歯)も保険適用になりました。

治療する歯が上下4番・5番の歯、もしくは7番目の歯が上下4本残っている場合の上下6番目の歯

小臼歯と呼ばれる4番目・5番目の歯、もしくは7番目の歯が上下4本とも残っている状態で、上下6番目の歯を治療する場合。
また7番の歯が残っていても咬み合わせや、食いしばりなどの影響でCAD/CAM冠にはできない場合もあります。

医師の診断書をお持ちの金属アレルギーの方は上下の4番・5番目に加え、上下6番・7番目の歯も保険適用

金属アレルギーの方は上下4番・5番目ほか7番目の歯、4本すべてがそろっていなくても、上下の6番・7番目の歯も保険適用で治療することができます。
そのためには、金属アレルギーであることを証明する医師の診断書が必要になります。
詳しくはご相談ください。

CAD/CAM冠の治療については当クリニックまで、お気軽にご相談ください。

診療のご予約はこちら

「歯が痛い・しみる」「血が出る」など、お口のことで気になることがあれば、
北九州市小倉北区の歯科医院「小倉デンタルクリニック」にご相談ください。
当クリニックでは患者さまのお悩みを丁寧にお聞きし、一人ひとりに合った治療プランをご提案いたします。